<< 持たない暮らしにあこがれて     ひとり、ヒトとヒト >>