<< 20年目の「つり橋わたれ」     いりこだしに思わず涙 >>